こんなはずでは、、、【未経験からIT業界へ】プログラミング『感想&体験談』

ひとりごと

未経験からIT企業で働いている私が、現在までの働いた感想を書いていきます。
未経験からエンジニア、Web、アプリ、IT系、に転職、就職しようと考えている方へ

 

・どんな仕事環境?
・研修て1から丁寧に教えてくれるの?
・そもそもプログラミングなんて未経験からできるようになるの?
・ブラック?
・仕事して続けられそう?
・最初にするのはどんな仕事内容?

こんな感じのことを書いていきます。

 


この記事を読めば、

未経験からIT企業に入るとどんなことを感じるのか、
実際にIT企業でプログラミングで働いてくことは可能なのか

ということを考える一つの例にすることができます。


私は文系出身にもかかわらず、システムエンジニアになりました。

巷ではIT技術の需要が高まっていて、必要とされる技術が欲しかったので未経験からIT企業に入り仕事をしています。


そこで私が現在まで働いた経験についてお話ししていきます!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

社内研修(焦った)『一日が過ぎるの早すぎて。。。』

研修の内容

研修の内容は主にネットワーク、Java,HTML&CSSの3つを行いました。

最初はうちネットワークについて大まかな学習を行い、そのあとからテキストを使いながらプログラミング言語の勉強に進んでいきました。

その日進んだ分の課題をまとめて、週末などに課題として出されるという決まりがあったので、週末もプログラミングをしていました。

  • 勉強をしている時の私の感想
    • 「なんでエラーになるの?」
    • 『全然動いてくれなくて泣きそう』(自分の作ったシステムが)
    • 「オブジェクト指向が全然わからない」もしよかったら調べみてください
    • 課題が進まない、、
    • テキスト進むのまじ早すぎ、、

なんてことを日々思いながら研修の期間を過ごしていました。

 

テキストを進むスピードが尋常じゃなく早かったのを覚えています。

確かに分厚いテキストを研修期間に、終わらせるためにはあのスピードでなければ、終わらなかったと思いますが、知識の詰め込み方がとても無理やりでした。

寝ても覚めてもネットワークやプログラミング
を勉強していたので、

情報系の専門学校や大学を出ていない私はそれに慣れるまで苦痛の朝を迎えていました。

 

開発演習

研修の一番最後には大きな開発演習が待っていました。

開発演習とは研修の集大成として、今までよりもちゃんとしたシステムとして動くものを作ってみよう
というものです。<現場に配属される前の練習といった意味でしょうか>

システムの仕様が決められ、それぞれの機能がなんのために必要なのかがあらかじめ決まっているものでした。

今考えれば全然難しく感じませんが、研修を受けていた時のことを考えるとものすごく難しく感じました。

 

研修を終えてからの現場配属(もっと焦った)『1週間はやっ、、、、』


4ヶ月間の研修を終えて、初めて現場に配属されます。


正直に・・・・現場に配属されてからの最初の感想は『やっぱり全く分かんねぇや!!!!』

※本当に上の画像の通りのような顔になってしまいました。。。

今まで幾度となく研修で「わからないよ!』と思いながら、厳しい研修期間を過ごしてきましたが、
配属されてからは、その研修期間でわからない!!と感じていた数倍

『これは。。。。。どうしたらいいんだろう。。。』絶望を感じていました。


全く進まない開発に、迫ってくる期限、、

(新人のうちは納期を意識しなければならないというより、先輩から仕事を振られるので、その先輩がテスト・レビューの期間を含めて期限を決めます。)

どんなことでもそうですが、少し勉強をしても実践で考えてみなくてはわからないことが山ほどあります。

 

ましてや(4ヶ月程しか勉強していない)+(プログラミング)、をいきなりできるようになるわけがありませんでした。。。

実際の流れはこちらです。


現場で頭を抱えながら

システムが完成する(やっとできた!!)

先輩に修正を指示され

頭を抱える(1回自分の中で完成していて、別の策を考えるのがとても難しい)

完成する(やっとできた!!もう大丈夫でしょ!)

先輩に(あ、あとここだけ直して!!)

頭を抱える(2回自分の中で完成していて、別の策を考えるのがとても難しい)

システムが完成する(もうダメ、、、、)

先輩「これならいいよ!!!」


これが現実です。

もしSEを目指しているなら、この道を通ることになります。

慣れるまで、一瞬で一週間がすぎて本当に時間が経つのが早すぎる。。ってなりました。

 

ですが、先輩の社員の方が優しかったのが本当に救いでした。

未経験からのスタートということもあり、先輩が一から教えてれて、『長い目で見てるよ』という言葉をかけてくれました。



先輩の助けもあり、少しずつ仕事にも慣れてだんだんと要領をつかむ事が出来るようになり、
現在も仕事を続ける事が出来ています。

 

 

まとめ

私はIT業界にいきなり入ってしまいましたが、入って半年ぐらいも経つと少しずつ慣れる事が出来ていました。

ですが、今までIT関連の知識がなかったため、現在でも新たな気づきが毎日のようにあります。

確かに、、、

IT業界に入る前から知識をつけた方がスムーズに仕事をする事が出来たかな、、、
と思うこともあります。

でも入ってしまえば仕事をこなしながら、勉強をしていくしかないので必死になってやらなければいけないので、『結果的にこれでよかったかのかな!』とも思いました。


しかしながら

今はプログラミングスクールや独学で勉強をするが増えて、選択肢がとても多くあります。

これだけ学ぶ環境が揃っているので、これからIT業界を目指そうとしている・迷っている方は勉強してからでも遅くないと思います!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました