【flier『フライヤー』】本1冊が10分で読める要約!気なるあの本を読みたい時に便利!【スキマ時間にサクッと読書】

日常

・毎日仕事、学校があって忙しくて本を1冊読む時間が取れない、、、、

・買った本を最後まで読まずに途中でやめてしまう

・本を読み始めたら、なんか眠くなってくる、、、

・最初は気になっている内容でも、読んでいくうちに飽きてしまう

 

こう言った理由から、本当に気なる本以外は最後まで読み続けるのは難しくなっていきます。

 

私自身も本屋に行き、気になった本を見つけては『いつか読もう!』と思っているのですが、
家に読まずに置いてある本が、少しづつ増えています。。。。汗

本と共に棚も買う始末、、、、、

 

通勤時間やスキマ時間を利用して本を読もうと思っても、
カバンから本を出して、じっくり読むというのも朝の混んでいる時間だと特に難しいです。
平日に家に帰ってからクタクタの状態でじっくり時間をかけるのも私には出来なかったです。。。

そこでこの1冊10分に要約!flierを見つけました。

 

この1冊10分が良いと思った理由について(メリット)

・1番の推しポイントである、時間をかけないで本の内容を知ることができる

・書籍の要約が読み放題

・なんか少しだけ気になるけど、買いたくなるほどではない書籍を読むことができる

・話題の本をスキマ時間で読むことができる

・新しい書籍を見ることができる

というたくさんのメリットがあります!

 

詳しくは!
>>1冊10分 本の要約flier(フライヤー)

新着記事

スキマ時間を有効活用!本の要約flier(フライヤー)について

使い方は気なる書籍を検索するようになっており、
自分が読みたい『書籍名・著者名』を入れて検索します。

また、検索をする方法以外にも人気の書籍を見つけることができるように

今月1番読まれている本BEST3週ごとのイチオシの本が紹介されているので、
読みたい!と思う本を全て読んでしまっても、気になる本が次々と見つかっていきます!

 

人気・最新書籍

こちらは現在人気の書籍を上げました。

 

こう言った本を見た時によく思いますが、

「きっと読んだら面白いんだろうけど、読むの時間かかりそうだなぁ。。。。」と

私はすぐにめんどくさく考えてしまうので、このようなビジネス本を10分で読む事が出来るのは正直めっちゃ便利でした。

特に携帯やタブレットでも読む事が出来るという点が便利で、短い時間で10分程度で重要な部分を理解出来るようになっているというのは、通勤時間を有効な時間にする事ができました。

もう一つ、、、私が感じた最大のメリット

「本に興味があるけど、本は読みたくない」
めんどくさがりで読書を敬遠していた人が、本の知識を得る事ができる
これはどういうことか、、
私自身の話になってしまいますが、話題の本やビジネス書が出ると書店等で立ち止まりますが、
心のどこかで、『最後まで読めないのはないか、、』という気持ちがあり、購入に至らない事があります。
読む時間を作り、きちんと最後まで読む事ができる人はこのようなことはないと思いますが、
基本的に、『本を読み進めて最後まで読む事が出来る』という人は少ないのではないかと思っています。
これは決して集中力がないということではなく、日々の生活で仕事、学校、家事に追われる事で「続きを後で読もう」と思っていても、忘却してしまい気づいたら読み進めた分まで忘れてしまうのが多いのではないかと考えています。
小難しい言い方かもしれませんが、せっかく興味があるのに出来ないというのは学ぶことに対しての機会損失につながります。

非常にもったいない。。。

以前から私はこのような事があったため、
上記の事が解消する事ができるこちらのメリットはものすごく大きなメリットだと感じています。

 

まとめ

私が推したいポイントを紹介させていただきました。

怠け癖のある私は本に興味はあるものの、1冊にかける時間がとても長く効率的に読む事が出来ていなかったので、要約という形でも本の知識を入れる事が出来るということに心を動かされました。

現在は7日間無料でお試しすることができるので、登録を行って利用した後に今後続けるか考えることができるので、そこの点も他の動画サービスと同様に便利になっていると思います。

ちなみに要約と言っても『重要な部分』が主になるので、話の流れから細かい部分まで『全部が知りたい!』と思う書籍があった場合は、10分の要約を読み終わった後に、『この本はもっと読みたい!・全部読みたい!』と思った本だけを私は買うようにしています。

スキマ時間を有効活用!本の要約flier(フライヤー)



気になるけど、めんどくさい、億劫だという方に是非おすすめです!!

それでは!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました