こんなはずでは、、、、IT企業の4ヶ月間の研修【未経験_感想】Part1

プログラミング



IT企業で受けた研修についての感想を書いていきます。
もしかしたら。。。。。
文系の未経験から受けたのでほんの少しだけ参考になる人がいるかもしれません

 

私は未経験からIT企業に入りました。



なぜ入ったかというと、今の転職、就職を見てるとプログラミングスクールやITなどがかなり増えてきて、勉強しておいて損はないかな、、、なんてことを思ってIT企業で働くことを決めました。

 

実際のところ、いきなり入るより「プログラミングスクールで学んでから、働いた方がいいんじゃないか」とも考えましたが、『勉強より実践だ!!!!』って思ったので飛び込んで見ました。


しかし、


一番最初に持った感想がこちらです。。。。




え?全然わからん、、、



今までそういったIT関連のことに関心がなかった私にとって研修のレベルですらとても難しく感じました。

どこかで聞いたことあるような、単語が聞こえてきて、それについての説明がされますが、頭に入れようとしても、慣れなさすぎるものばかりで全然意味が入ってきませんでした。


研修での進め方は、講師の方が授業のような形で、テキストを使いながら教えてくれます。


テキストをもらって一番最初に思ったことは

『テキスト厚すぎ!!!!しかも4冊もある!』大体、一冊300ページ前後でした。
(どんだけ勉強しないといけないんだ、、、)

でも今から思えば、短期間の研修で膨大な量を学ばなければいけないので、
あの量になるのは仕方なかったかな、、と思います。

 

研修の内容については

ネットワークについて、Java, HTML&CSS

主にこの3つについて、勉強をしていきました。

 

最初のネットワークの部分から私はチンプンカンプンになり、プログラミングの勉強に入ると

理解しようとするのに必死で『これ本当にわかるようになるのか、、、?』と思いながら研修を受けていました。

必死で研修についていこうとしている時に、もう一つの未経験者を苦しめることがありました。

何と言っても進むスピードがはやいこと!!

ちょっとだけ止まってくれ、、、


こう思ったことが4ヶ月間の間に幾度となくありました。

なんせはやい!!

大事な部分は確かに強調はしてくれますが、『理解できないなら家で勉強してこい!!』
というスタンスで進めていました。


ですので、分からない人は、周りのできる人たちに教えてもらいながら、ギリギリのところで踏ん張っていました。

本当に。

正直、『途中だけど、もうやめてしまおう』と思ったくらいでした。


しかし、ここでやめてしまえば無駄になってしまう、、、


朝起きるのが辛くて、また苦痛で長い時間を過ごさなきゃいけない



そう思っていましたが、

 

『『『やめるならせめて、現場に配属されてからやめてやる!!!』』』』

と決心して

 

パソコンで元気が出る本で調べて出てきたこの本を読みながら過ごしていました。。

夢をかなえるゾウ1

 

ここからは開発演習の話になります。

Part2に続きます。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました