就活している方へ、、、、やりたいことなんてない!!!

ひとりごと

面接官や企業の人から
『やりたいことは何ですか?』

こう聞かれるのはもう飽きてていませんか?

就職活動をする時期になり、成り行きでいろんな合同説明会などに参加して

『やりたいことなんて、、、』

と思っている方も少なくないはずです。。


急に慣れないスーツを着ていろんな企業を飛び回り、必死に考えたアピールを面接官の前で披露しなければなりません。

今まで遊んできた大学生活を、『綺麗な作り話で塗り固め』一流の企業に入るために、皆それぞれ思ってもいないようなことを言います。


そんな中で『やりたいことは何ですか』なんて何度も質問された日には

『まいったな。。。。。』
『やりたいことなんて、正直ないよ。。。。』

もう軽く鬱になってしまいますよね

しかし、何回も聞かれるものだから何かしらを無理やり答えなければならない。。。

私はその時のことを思い出し、

リクルートスーツを着て街中を歩いていく就活生を見ながらこう思いました。


やりたいことはすぐに決めなくていい


というより決めようと思って、すぐに決まるものではありません。

働き始めても、見つからずに10年かかって見つかる人もいます。

いろんなことを経験しながら、徐々に知識が増えてやりたいことが見えてくると私は考えています。

最近では特に働き方が増えて、『好きなことを仕事にしよう』という言葉をよく耳にしますが、

それを簡単に決めることができれば苦労はしません。

就職活動をする建前上、無理した夢を語り、自分の興味のない企業に就職をしても

その後にやりたいことが決まって、就職した会社とあまりにかけ離れてしまっていると

結果的に自分の首を絞めてしまうことになりかねません。

確かに、焦っている時に『気持ちに余裕を持て!』なんて言われても『そんなの無理だよ!』と思ってしまう気持ちもとてもわかります。。。。

今すぐの解決には繋がらないかもしれませんが、どんな気持ちや考えで就職活動をするのかで、今後の行動の仕方は変わっていくと思います。

これからも周りの人があなたにアドバイスと言って、いろんなことを上から言ってくると思いますが、

そんなこと気にしないでください!!
全部アドバイスに対して全て応えていたら、自分が何人にても足りません!笑

実際に就活の時期に持っていた考えは、働いていろんなことを学んでいく間に変化していきます。

それが固い決意で幼い頃からの夢だったとしても、です。

さらに言えば、

あの時、違う道を選んでいたらどうなっていたかなぁ、、、、

夢を追いかけてたら、憧れの〇〇になることができたのかな、、、

なんてことを思うときも出てきます。

自分が選ばなかった道に対して、いろんなことを思うのは当たり前のことです。

違いがあるのは、後悔の気持ちがどの程度の大きさかということです。

多かれ少なかれ、『あの時、、、』と思うことは出てくる中で、自分の気持ちに正直に道を決めることで、その差を少なくすることができます。

そんなことを思いながらこれから行動を続けていくと、少なからず悪い方向には行かないはずですよ!!

ゆるく頑張っていきましょう!

では!

コメント

タイトルとURLをコピーしました